資格を取得してヘアメイクのスキルを磨く【自らのスキルをアピール】

手に職をつける

ファンデーション

ヘアメイクという専門の資格は残念ながら今のところ存在しません。しかし、メイク技術検定や美容師免許などの資格はあるので、このような資格を取得することにより、ヘアメイクとして活躍することができます。通信教育でも取得できるので、資料請求してみるのも良いでしょう。

詳しく見る

取得しておけば武器になる

ウーマン

ヘアメイクを将来のお仕事とするなら、専門学校で学び関連する資格を取得しておくと良いでしょう。メイクやファッション、色彩などに関わる資格を取得しておけば、就職の際志望企業からの受けも良くなりますし、プロの現場でも大いに役立ちます。

詳しく見る

夢に向かっての一歩

コスメ

ヘアメイクは資格は必要ありません。しかし、自分の技術の証明として、民間資格を取得することが有利になることもあります。また、自力でヘアメイクを学ぶのは難しいため、スクールに通う方法があります。学校を選ぶなら、自分にあった雰囲気かどうかといった点や費用もチェックして選びましょう。

詳しく見る

ヘアやメイクの仕事

女性

ヘアメイクの資格がある方が働く先は、美容院や化粧品メーカーの美容部員がもっとも多いようです。またブライダルサロンや写真スタジオのほかにも、芸能界やモデル業界で働く方も少なくありません。さらにそこを経てから、専門学校の講師やフリーランスとして活躍する方もいます。

詳しく見る

ハイセンスなプロを目指す

コスメティック

ヘアメイクアップアーティストになるためには、専門学校やスクールで知識やテクニックを身につけるとともに、資格を取得するのが堅実な方法です。一流の講師陣による授業に加えて、資格の取得や就職のサポートも受けられますから、安心して学ぶことができます。

詳しく見る

美容師のスキルが必要

レディ

美容師以外のスキルも習得

ヘアメイクアーティストを目指す人はたくさんいます。しかし、ヘアメイクアーティストを目指す人の中には、無資格でも活動することができると誤解している人がいます。しかしヘアメイクアーティストは、直接髪を整える作業を行うため、美容師の資格となる国家資格を取らなければ仕事をすることは出来ません。その美容師の資格を取るためには、美容師になるためのコースがある専門学校に2年以上通ってスキルを習得しなければなりません。2年以上通い、試験をパスすることができれば美容師の資格を取ることができ、そこからヘアメイクアーティストとして活動することができるようになります。もちろん美容師の資格のみで活動する人はたくさんいますが、人によっては更なるスキルを獲得するために、ほかにも日本メイクアップ技能検定試験やパーソナルカラリストなどヘアメイクにかかわる資格を取ろうとする人もいます。メイクはもちろん、ネイルや着付けにもかかわることもあり、美容師以外にも自らのスキルをアピールすることができるように、色んな資格を取ろうとする人はたくさんいるのです。専門学校によってはヘアメイクにかかわる資格を美容師以外にも取得することができるようになっているところもあり、2年間通うだけで様々なスキルを習得することも出来ます。将来、どのように活動していこうか計画を立てていけば、それに必要となる資格も把握することができ、ヘアメイクに必要となるスキルを身につける勉強もしやすくなります。

Copyright© 2018 資格を取得してヘアメイクのスキルを磨く【自らのスキルをアピール】 All Rights Reserved.